福岡県

海を渡った宝石箱―ガラス・象牙・漆

なめらかな光沢のガラス絵。精緻な描写が美しい象牙画。そして、やさしい質感の漆絵。どれも素材自体の特性がいかされた、工芸的な魅力をあわせ持つ絵画作品。絵画といえば、紙や布などに描かれたものが大半だ。しかし、古くは18世紀のアジアでは、技術的に制作が難しい板ガラスや手に入りにくい象牙などの貴重な素材にも絵が描かれた。ヨーロッパ諸国が貿易のために進出していた中国やインドでは、写真が広まっていなかったこの時代、現地の人物や建築、風俗などを描いた絵画は、高級な土産物となり、西洋における中国趣味、インド趣味を満たした。貴重な素材にエキゾチックなアジアを描いた「宝石箱」は、人気の高い輸出品として海を渡ったのだ。
本展では、中国のガラス絵と「チャイナ・トレード・ペインティング」mインドのガラス絵と「カンパニー・ペインティング」、インドネシアの現代ガラス絵、中国とベトナムの漆絵などを紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.192018.07.10
  • 会場

    福岡アジア美術館(アジアギャラリー)
    http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
    福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル
  • 観覧料金

    一般=200円、高校・大学生=150円
    中学生以下無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    福岡アジア美術館
  • 休館日

    水曜日(祝日の場合はその翌日)

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る