茨城県

マリメッコ・スピリッツ Finland Meets Japan

戦後復興最中のフィンランドにおいて、1951年にアルミ・ラティアによって創設されたマリメッコは、初期から今日まで優秀なデザイナーを招聘し、彼らに自由な創作の場を提供することで革新的なテキスタイル・デザインを生み出してきた。本展では、マリメッコの現代を支える3人のデザイナー パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラが本展のために「JAPAN」をテーマに創作した新作パターンを披露する。日本に一度も来日したことのない彼らのインスピレーションがどのように生地として完成するのか、アイデアラフなどを交えて創作活動を紹介するとともに、彼らの代表作も紹介しながらマリメッコに受け継がれるデザイン思想とスピリットを読み解く。また、会場内には、マリメッコデザイン監修による茶室「真理庵」が建てられ、日本とフィンランドの出会いを演出する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.07.01
  • 会場

    茨城県陶芸美術館(2階県民ギャラリー)
    http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
    笠間市笠間2345 笠間芸術の森公園内
  • 観覧料金

    一般=820円(670円)、高大生=620円(510円)、小中生=310円(260円)
    ※(  )内は、20名以上の団体料金。
    ※満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
    ※土曜日は高校生以下無料。
    ※同時開催のフィンランド陶芸展と併せて観覧いただけます。

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    茨城県陶芸美術館
  • 休館日

    月曜日 ※ただし4月30日(月)は開館

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

魂を刳(えぐ)る美がほしい 魯山人の宇宙

北大路魯山人(1883-1959)の陶磁器を中心に、書画、版画など95点を展示し、魯山人の歩みと精神世界を紹介。また、魯山人自ら設計した茶室「夢境庵(むきょうあん)」の部分再現展示も行い、生活芸術家としての姿を実感するこ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る