奈良県

上田義彦 FOREST 印象と記憶1989-2017

日本写真界の第一線で活躍する上田義彦の写真集最新刊『FOREST 印象と記憶 1989-2017』から構成し作品を紹介する。
1989年、アメリカ・ワシントン州Quinault(クィノルト)という神聖な森との出会いから始まり、2011年に東日本大震災での大自然の猛威によりあらゆる生命の破壊を目の当たりにしたことで、命の根源を確かめるように撮り始めた屋久島の森。そして2017年、新たに撮りおろしたQuinault、屋久島の森、さらには奈良の春日山原始林。本展では、生けるものの原初の摂理を現す森の姿を、約30年間撮り続けてきた作品と最新作を含む約50点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.142018.06.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=500円、高校・大学生=200円、小・中学生=100円

    ※小・中学生・高校生は土曜日無料
    ※奈良市在住の70歳以上の方無料
    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方(要手帳)とその介護者無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    入江泰吉記念奈良市写真美術館
  • 休館日

    ※月曜日(休日の場合は最も近い平日)
    ※休日の翌日(その日が平日の場合)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ひと 人・顔・姿

人の顔や姿には豊かな個性があふれている。 本展は「ひと」に焦点をあてながら、所蔵する絵画や彫刻などの作品約70点を3つのテーマに分けてご紹介するもの。 魅力的に表されたさまざまな「ひと」を楽しんでほしい。 ※一部展示替え

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る