福島県

ターナー 風景の詩(福島展)

公式サイト

ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も著名な画家であり、風景画の歴史においても独創的な画家。ターナーは明治時代、多くの日本の画家にとって憧れの存在でもあった。本展は、ターナーの画業と芸術の全貌を、イギリス各地と日本国内の美術館から作品を選りすぐって紹介。最新の知見をもとにターナーの芸術を再考し、油彩画、水彩画約70点と版画約110点によって、その核心と魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.07.072018.09.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1200円(960円)、高大学生・65歳以上=800円(640円)
    ※( )内は団体料金
    ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    郡山市立美術館、毎日新聞社、福島民報社、スコットランド国立美術館群
  • 休館日

    月曜日(ただし、7月16日(月・祝)は開館、翌日17日(火)休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

水野 暁-リアリティの在りか

画家、水野暁(群馬県出身1974-)は、徹底した描写を根底におきながら、実験的な表現も試みつつ新たな写実絵画の可能性を追求してきた。現場で描くことを基本軸に置く水野は、時とともに移ろう対象を五感でとらえ、変化のままにドロ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る