福岡県

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション(福岡展)

公式サイト

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られている。主に17世紀オランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ世界中の美術ファンから注目されていた。 この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現。
本展では、近代美術の精華といえる作品64点を展示し、その約半数は日本初公開。絵画史上、最も有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートルを超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、極め付きの名品で構成されるこの幻のコレクションが堪能できる。

開催概要

  • 会期

    2018.05.192018.07.16
  • 会場

  • 観覧料金

    【当日】一般=1,600円、高大生=900円、小中生=500円
    【前売・団体・夜間割引料金】一般=900円、高大生=700円、小中生=300円

    ※団体料金の適用は20名以上
    ※夜間開館割引は夜間開館当日の午後5時以降に券売所で販売(夜間開館割引で購入されたチケットで午後5時以前入場不可)
    ※障害者手帳をご持参の方とその介護者1名は無料、展示室入口にて障害者手帳等を提示
    ※満65歳以上の方は前売り一般料金で購入可、券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)を提示
    ※キャンパスメンバーズの方は団体料金で購入可、券売所にて学生証、教職員証等を提示

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、NHK福岡放送局、NHKプラネット九州
  • 休館日

    5月21日(月)、6月4日(月)、6月18日(月)、7月2日(月)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで  ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

ミュシャ展~運命の女たち~(鹿児島展)

19世紀末ヨーロッパで隆盛した芸術運動アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。ミュシャはチェコのモラヴィアに生まれ、27歳でパリに渡った。その才能はパリで花開き、女優サラ・ベルナ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る