兵庫県

大正ロマン昭和モダン ―竹久夢二・高畠華宵とその時代―

大正から昭和初期にかけての30年間は、日本文化と西洋文化が交じり合い、明治の日本には見られなかった新しい大衆文化が花開いた時代。叙情的な女性像で一世を風靡した竹久夢二に続き、高畠華宵や蕗谷虹児など、甘美な少女像や少年像など独自の作風を展開して大正の大衆芸術を担った。
また、昭和に入ると、岩田専太郎、中原淳一ら挿絵画家が活躍し、加えて日本画や洋画、新版画、創作版画の作家たちも新たな活動を見せるようになる。
本展では、竹久夢二・高畠華宵を中心に、蕗谷虹児、岩田専太郎、中原淳一、鏑木清方、伊東深水、橋口五葉など大正から昭和にかけて活躍した画家たちの日本画、版画、挿絵原画、絵葉書、楽譜、装丁本などの作品約200点を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.07.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=500円(400円)
    大学生・65歳以上=250円(200円)

    高校生以下無料

    ※( ) 内は30名以上の団体料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    神戸ファッション美術館、神戸新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

京都水彩散歩ー水彩画でめぐる京の四季ー

水彩画の作者・黒岩多貴子は2006年4月より京阪電車の情報誌 K PRESS の表紙のイラストを担当し、京都・大阪・滋賀の様々な観光名所の風景をやさしいタッチで描いている。 本展は、その表紙画を中心に、京都の代表的風景を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る