大阪府

歌舞伎ワールドⅠ 役者で魅せる芝居入門

歌舞伎にまつわる言葉やモノは日常的によく知られていることも多いが、その由来は人々の意識から薄れてしまっているものもある。そこで、今回は「そもそもこれは?」の疑問について、さまざまな上演資料を用いて説明する。
では、その上演資料とはどんなものだろうか。ひとたび歌舞伎興行をすると、台本や道具帳などの制作資料、絵看板や番付などの宣伝物、そして役者に魅せられたファンのために、役者絵や評判記が発行され、さらには歌舞伎グッズも登場。これら多種多様な産物が、上演資料として阪急文化財団にも遺されているのだ。
本展は、江戸から明治期の役者絵を中心に、役者の魅力で芝居のあれこれを探る入門編。ただいま三代襲名に沸く高麗屋古今の役者絵や写真にも注目。まだ歌舞伎をご覧になったことがない人も、一緒に歌舞伎ワールドへ足を踏み入れてみよう。
前期 :5月19日(土)~6月17日(日)
後期 :6月23日(土)~7月22日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.05.192018.07.22
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=700円、大・高生500円、シニア(65歳以上)500円
    中・小生以下無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    公益財団法人阪急文化財団
  • 休館日

    月曜日
    ※ただし7月16日(月)開館、17日(火)休館
    ※6月18日(月)~6月22日(金)は展示替えのため休館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る