大阪府

浮世絵パワースポットめぐり

公式サイト

上方浮世絵館では、江戸時代の大阪で制作された浮世絵を展示している。大阪の浮世絵は役者絵が多く、歌舞伎役者たちが舞台上で役を演じる姿が描かれている。
歌舞伎芝居では、四季折々の情景を背景とすることで、物語が美しく彩られる。さらに、浮世絵の風景画が旅の情緒を満たしてくれるように、芝居もまた名所や社が登場することで、各地を訪ねた気分にしてくれる。
そこで今回の展示では、芝居の舞台となる神社や仏閣に注目。
旅に出るには許可が必要な当時の人々にとって、旅行する目的の多くは参詣だった。社寺が背景となる芝居は、旅へのあこがれを満たしていたのかもしれない。浮世絵をご覧になって、みなさまに御利益がありますように。

開催概要

  • 会期

    2018.03.062018.06.03
  • 会場

    上方浮世絵館
    http://www.kamigata.jp
    大阪市中央区難波1-6-4
  • 観覧料金

    一般=500円、小・中学生=300円
    ※障がい者手帳等をお持ちの方:300円(介護者の1名様も同額)

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    上方浮世絵館
  • 休館日

    月曜日(休日の場合は翌日)

  • 開館時間

    11:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る