東京都

セーラー服と女学生 ~イラストと服飾資料で解き明かす、その秘密~

セーラー服=女学生。しかし、これは日本人独特のイメージであるようだ。セーラー服とは19世紀中頃のイギリス海軍の水兵服にはじまり、その後、子ども服、女性服としても流行したファッションの一つのスタイル。本来は着る人の年齢を問わないユニセックスなファッションであるセーラー服が、なぜ、日本においては女学生服として定着し、100年もの間、愛されているのだろうか? 本展ではイラストレーションと服飾資料により、その秘密と魅力に迫る。武内直子『美少女戦士セーラームーン』の原画(合計3点)、中村佑介の最新作を含む原画20点を展示! また、日本で最初のセーラー制服といわれている福岡女学院(夏服・冬服)、平安女学院(当時のもののレプリカ)を展示する他、東洋英和女学院、都立八潮高校、都立第五商業の工夫を凝らしたタイ結びも実物展示で紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.03.292018.06.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=900円、大・高生800円、中・小生=400円
    ※竹久夢二美術館も観覧可能

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    弥生美術館
  • 休館日

    月曜日 ※ただしGW期間を含む4月24日(火)~5月6日(日)は無休で開館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る