大阪府

ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォ ーとミュシャ・スタイル

本展では、ミュシャの作品を19世紀末のヨーロッパで起こった芸術潮流、アール・ヌーヴォーのいくつかの側面を踏まえて紹介する。アール・ヌーヴォーは19世紀末のヨーロッパ社会の動きと連動する大きな芸術の流れで、曲線や植物的なモチーフを多く使い、装飾的な芸術作品が数多く生み出された。このアール・ヌーヴォーの要素を多く含んだミュシャの作品は「ミュシャ・スタイル」と呼ばれて大流行した。ミュシャの画家としての生涯、そしてミュシャがデザイナーとして活躍した19世紀末のフランスの社会的状況を紹介しながら、ミュシャの作品を「女性」、「自然」、「産業と芸術」の視点から注目し、ミュシャの人気の秘密に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.03.172018.07.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=500円(400円)
    高校生・大学生=300円(240円)
    小学生・中学生=100円(80円)

    ※小学生未満65歳以上の方は無料 ※( )は20名以上100名未満の団体料金
    ※障がい者手帳をお持ちの方と介助の方は無料
    ※その他提携割引やリピート割引制度あり

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    公益財団法人 堺市文化振興財団、堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:15 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

江上茂雄:風景日記 diary/dialogue with landscapes

1912(明治45)年に福岡県山門郡瀬高町(現在の福岡県みやま市)に生まれた江上茂雄は、幼い頃から突出した絵画技量を発揮しながらも、12歳になる年に父を亡くすという家庭環境のもと専門教育課程への進学は望まれず、高等小学校

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る