京都府

ユネスコ「世界の記憶」登録記念特別展『京・近江の朝鮮通信使』

2017年10月、日韓両国の「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ「世界の記録」に登録された。豊臣秀吉の文禄・慶長の役後、江戸幕府と朝鮮国の国交回復の折衝が京都伏見城で行われる。そして200年を超える友好の外交使節団の道が開かれた。
本展では、京都・滋賀を中心にした善隣友好の歴史を展示する。

1期 4月1日(日)~5月29日(火)
2期 6月14日(木)~8月21日(火)

開催概要

  • 会期

    2018.04.012018.08.21
  • 会場

    高麗美術館
    http://www.koryomuseum.or.jp/
    京都市北区紫竹上岸町15
  • 観覧料金

    一般=700円、大高生=400円、中学生以下無料
    65歳以上の方と20名以上の団体はお一人様につき500円

    ※障害者手帳をお持ちのご本人様と付き添いの方1名まで無料。

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    高麗美術館
  • 休館日

    水曜日(ただし5月2日は開館)、5月30日~6月13日は展示替えのため休館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

リトグラフ 石のまわりで

リトグラフは版面を彫ることなく描画を転写する。18世紀末リトグラフの発明によりそれまでの凹版や凸版に新しい版種、平版が加わった。石版石を素材とするこの新しい印刷方法は、19世紀から20世紀にかけて瞬く間に普及し、その間に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る