京都府

エリオット・アーウィットの世界 Elliott Erwitt 展

公式サイト

エリオット・アーウィットは世界的な人気を誇るニューヨーク在住の写真家。1928年ロシア人の両親にもとパリに生まれたエリオットは、戦禍を逃れて渡ったアメリカを拠点に、写真家としての活動を始める。25歳の若さで写真家集団マグナムの一員となり、マグナム第二世代の写真家として高く評価されてきた。
フォトジャーナリストとして、世界中の歴史的瞬間に立ち会い、J・F・ケネディ大統領、チェ・ゲバラ、マリリン・モンローなど、20世紀を代表する著名人も数多く撮っている。しかしその写真は、記録というだけではなく、非常に魅力的に、被写体の素顔が切り取られている。また、エリオットの関心は子供や恋人たち、街路や美術館など、何気ない日常の瞬間にも向けられた。優しい皮肉に包まれた独特のユーモアと哀愁が漂うエリオットの写真は、人生という劇場の一瞬一瞬を鮮やかに写し出し、鑑賞者の心を惹き付けて止まない。
本展では、エリオット・アーウィットのサイン入りオリジナルプリント約60点を「一瞬の劇場」「小さな隣人」「子供の情景」「時代の証言者」という4つのテーマに構成し、展観する。

開催概要

直前の記事

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展(愛知展)

2015年11月30日、93歳で「あの世」へと旅立った水木しげる。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」など、数多くのヒット作を生み出した漫画家としてだけでなく、作品を通じて妖怪文化を広めた妖怪研究家としても高く評

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る