北海道

リサ・ラーソン展 〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜

リサ・ラーソンは、23歳という若さで国内の陶磁器メーカー・グスタフスベリ社に迎えられ、26年間の在籍中に約320種類もの作品を制作し、スウェーデンを代表する陶芸家となった。その後はフリーデザイナーとして海外でも活躍し、80歳を過ぎた今も創作を続けている。コケティッシュな動物や素朴で温かみのある表情豊かな作品は、本国スウェーデンのみならず日本をはじめ世界中に多くのファンがいる。
本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作をテーマ別に展示。さらにご本人が所蔵するユニークピースや、初展示となる画家・アーティストの夫グンナル・ラーソンの特別展示、長女ヨハンナ・ラーソンによるニット作品も含め約190点の作品を通し、すてきな芸術一家の全貌を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.012018.06.10
  • 会場

    札幌芸術の森美術館
    https://artpark.or.jp/
    札幌市南区芸術の森2-75
  • 観覧料金

    一般1000円、高校・大学生700円、小・中学生400円
    小学生未満無料

    ※65歳以上の方は当日料金が900円(団体800円)になります。年齢のわかるものを提示
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくとご本人と付き添いの方1名が無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、STV札幌テレビ放送
  • 休館日

    4月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)

  • 開館時間

    09:45〜17:00 ※6月は午後5時30分まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

息を呑む繊細美 切り絵アート展(福岡展)

人々は古くから紙を切り貼りし、窓辺や壁を飾り、生活空間を満たしてきた。紙を使ったこうした文化はそれぞれの国や自然、歴史の中で熟成され、個性豊かな独自の切り絵文化として成長した。「切り絵」には「切り紙」「影絵」など多彩なジ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る