東京都

太陽の塔への道

2018年3月、ついに太陽の塔が再生を果たした。
半世紀ぶりに胎内が修復され、常設展示施設に生まれ変わったのだ。
この機会をとらえ、前回の企画展では、岡本太郎がプロデューサーとして大阪万博に参画した1967年から塔内再生を果たす2018年までの足跡を振り返った。
太陽の塔とはなにか、大阪万博で太郎はなにを語ろうとしたのかを考えるためだった。
ひきつづき本展では、太郎が大阪万博へと向かっていった1960年代の仕事を取り上げる。
「万博と太郎」を別の角度から眺めてみたいと思ったからだ。
60年代に太郎の作風は大きく変わった。
繊細な筆致でぎっしりと多くのモチーフを描いていたそれまでとは打って変わって、梵字にも似た抽象的で呪術性を感じる黒のモチーフが中心的な役割を果たすようになる。
縄文、東北、沖縄とつづいた原始日本を発見する旅が大きく影響しているにちがいない。
そしておそらく、それこそが太陽の塔と大阪万博テーマ館の隠れたテーマなのだ。
本展では呪術的な気配に満ちた60年代の作品を俯瞰しながら、万博前夜の太郎を体感していく。
太陽の塔を感知するもうひとつの回路がここにある。

開催概要

  • 会期

    2018.05.302018.10.14
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=620円(520円)、小学生=310円(210円)
    ※( )内は15人以上の団体料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    岡本太郎記念館
  • 休館日

    火曜日(祝日の場合は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

トランクの中の日本~戦争、平和、そして佛教~

1945年、若き米軍兵士ジョー・オダネルは、ヒロシマ、ナガサキなど、焦土の日本を個人のカメラによって撮影しました。帰国後、彼は戦争の忌まわしい記憶とともに300枚のネガをトランクの中に入れ、封印したのだった。 「生きてゆ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る