愛知県

企画展 博物館イキ!

「博物館行き」という言葉がある。一般的には、古くなったモノ、役に立たなくなったモノに使われるようだが、博物館に身を置く者としては声を大にして言いたい。
「博物館に来るものは活き活きしていますよ!」と。
名古屋市博物館は、昨年2017年10月に開館40年を迎えた。名古屋市立の歴史系博物館として誕生し、尾張を主とした地域に関わる考古、歴史、美術工芸、民俗資料を収集してきた。まったくのゼロから始まったにも関わらず、40年あまりで26万点をこえる一大コレクションとなり、そのうち九割以上が寄贈からなる、まさに市民が作り上げたコレクションと言える。
これらは、元々は個人が収集したものであったり代々家で伝えられたもの、また、生活の中で使っていたものだが、「博物館行き」になった後には、博物館で大事に保管されながら、標本、研究、展示資料など様々に活躍することになる。そして、こうしたコレクションこそが、この地域の歴史や文化を語る上で欠かせない基本的な資料となっており、博物館は、現在、そして未来の市民にこれらを伝える役割を担っている。
本展では、近年博物館が積極的に取り組むテーマから22のお勧めが選ばれた。この地域の歴史を伝える基本的な資料、新たな発見として注目されたもの、また、市民と一緒になって進めた先進的な活動など、話題性に富んだ内容となっている。まさに”活き活き”と活躍する資料から、現在の名古屋市博物館コレクションの魅力を知ってもらいたい。

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.10
  • 会場

    名古屋市博物館
    http://www.museum.city.nagoya.jp/
    名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
  • 観覧料金

    一般=300円、高大生=200円
    中学生以下無料
    市内在住の65歳以上=100円
    ※敬老手帳等の掲示が必要、他の割引との併用不可

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    名古屋市博物館
  • 休館日

    月曜日(祝・休日の場合開館、その直後の平日休館)と第4火曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

浮世絵諸国探訪ー六十余州名所図会を中心にー

《六十余州名所図会》は、晩年の歌川広重が日本全国をあますところなく描いた、70図にわたる浮世絵揃物の傑作。広重は東海道や中山道などを題材にした街道物を多く制作しましたが、《六十余州名所図会》は広重の視野が全国規模に広がっ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る