北海道

魂を刳(えぐ)る美がほしい 魯山人の宇宙

北大路魯山人(1883-1959)の陶磁器を中心に、書画、版画など95点を展示し、魯山人の歩みと精神世界を紹介。また、魯山人自ら設計した茶室「夢境庵(むきょうあん)」の部分再現展示も行い、生活芸術家としての姿を実感することができる展覧会となっている。

開催概要

  • 会期

    2018.04.262018.07.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1000円、高大生=600円、小中生=300円、65歳以上の方=100円

    ※身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその引率者、児童、老人福祉施設に入所している方とその引率者、特別支援学校生とその引率者、生活保護を受けている方などはすべての展覧会が無料となります。受付で手帳等を提示

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    北海道立旭川美術館、北海道新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展(沖縄展)

吉増剛造(1939- )は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードしてきた存在。その活動は文学の領域にとどまらず、写真や映像、造形作品など多岐に渡り、私たちを魅了している。 常に言葉の限界を押し広げてきた

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る