群馬県

開館1周年記念 佐久市立近代美術館コレクション+「現代日本画へようこそ」

太田市美術館・図書館では、開館1周年を記念して、平山郁夫《仏教伝来》をはじめ、国内有数の日本画コレクションを誇る佐久市立近代美術館所蔵の戦後以降現代までの名作・大作23点を太田ではじめて紹介する。ともすれば日本画という言葉が想起する絵画のイメージは、歴史的・伝統的なものであり、わたしたちが生きる現代とは縁遠いと思われる人もいるかもしれない。しかし、政治・社会・文化が大きく変容した明治時代、西洋画に対する言葉として生まれた日本画は、作家たちが江戸時代以前の日本絵画のさまざまな技法・様式を折衷・統合、新しい時代の表現を模索する中で、絵画としての同時代性の獲得が目指されたきわめて現代的なものであった。本展は、長野県の佐久市立近代美術館・油井一二記念館から、多数の作品を借りして実施するもの。平山郁夫や東山魁夷をはじめとする日本画の歴史に名を残す大家から、これからの表現を切り拓く現代の作家まで、佐久市立近代美術館所蔵の戦後以降現代までの23作家の作品を紹介する。さらに(プラスして)、市川裕司と内田あぐりが、同館のために新作・旧作を展示、現代の日本画の世界へと力強くいざなう。作家たちが歴史と現在を見つめながら切り拓いてきた、日本画の作品群を楽しめる展覧会だ。
※前期(5/3~5/20:16日間)、後期(5/22~6/10:18日間)
※第2章は、平山郁夫と東山魁夷をのぞく作家は、前期・後期いずれかの展示となります。第1章と特別展示の展示替えはございません

開催概要

  • 会期

    2018.05.032018.06.10
  • 会場

    太田市美術館・図書館(展示室1、2、3、スロープ)
    http://www.artmuseumlibraryota.jp/
    太田市東本町16-30
  • 観覧料金

    一般=300円(200円) 
    ※( )内は、本展有料券の観覧済半券をお持ちの方、20名以上の団体及び太田市美術館・図書館カード、ふらっと両毛 東武フリーパスをお持ちの方。
    ※65歳以上、高校生以下、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付者及びその付添人1人は無料。
    ※おおた家庭の日(毎月第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料。

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る