群馬県

空もよう

季節や気候のありようを端的に表現する空の描写は、日本画の見どころのひとつ。空は日々、刻一刻と移り変わり、朝焼け・青空・夕焼け・雲・雨・虹・月夜など、時間や季節によって空の色はさまざまに変化するが、そうした表情をとらえることで、季節の移ろいや四季の情緒を描写する。本展では、同館の収蔵作品の中から、美しい朝陽や夕暮れ、情緒溢れる月明かり、人や動物を翻弄する雨や風など多彩な表情を見せる空を描いた日本画を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.17
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=200円(160円)、大学・高校生=160円(100円)
    ※( )内は20名以上の団体割引料金です。
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    高崎市タワー美術館
  • 休館日

    毎週月曜日 ※4月28日から5月6日は休まず開館します。
    会期中の休館日:4月23日、5月7日・14日・21日・28日、6月4日・11日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日のみ10:00~20:00  ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

多田友充展「性根の腐った誠実さのかけらもない人間どもの流す情報を、ただただ鵜呑みにして自らの頭で考えることもせず無邪気に人に暴力を振るう、たましいのない空っぽの操り人形どもは、果たしてこの世界に存在することに恥ずかしさや情けなさを感じることはあるのだろうか☆ 卍」

多田友充はドローイングを中心として様々な表現を展開するアーティスト。油絵具、アクリル、顔料、ボールペン、色鉛筆、パステル、スプレーなどの画材を用いて、線や色の繊細な重なりのあるもの、大胆な存在感のある線で描かれたものなど

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る