岐阜県

浮世絵諸国探訪ー六十余州名所図会を中心にー

《六十余州名所図会》は、晩年の歌川広重が日本全国をあますところなく描いた、70図にわたる浮世絵揃物の傑作。広重は東海道や中山道などを題材にした街道物を多く制作しましたが、《六十余州名所図会》は広重の視野が全国規模に広がった、記念碑的な作品といえる。画面を縦型に用い、大胆なトリミングを施す。さまざまな工夫を凝らし迫力ある構図で、諸国の風景が描き出されている。このたび《六十余州名所図会》を中心に、広重が描く全国津々浦々の美しい風景画を紹介する。
前期:4月5日(木)から5月6日(日) 
後期:5月10日(木)から6月10日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.04.052018.06.10
  • 会場

    中山道広重美術館(展示室1、2(1、2階))
    https://hiroshige-ena.jp/
    恵那市大井町176-1
  • 観覧料金

    大人=820円(660円)
    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※18歳以下無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料
    ※毎週金曜日はフリーフライデー(観覧無料)

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    中山道広重美術館
  • 休館日

    毎週月曜日(ただし4月30日は開館)、5月7、8、9日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

2017年度ヤング・ポートフォリオ

世界の写真家の“原点”をコレクションする、それが「ヤング・ポートフォリオ」。 東欧からアジア、日本まで、世界の若い写真の力が集結。 11カ国の27人、160点を一堂に展示。 清里フォトアートミュージアムは、35歳までの写

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る