茨城県

熊本県立美術館所蔵 今西コレクション 肉筆浮世絵名品展

今西コレクションは、故今西菊松氏個人が集めた肉筆浮世絵、茶道具、工芸品などからなる美術コレクション。中でも肉筆浮世絵はその数と質の高さもさることながら、浮世絵史における多くの絵師たちの作品を網羅しており、肉筆浮世絵の沿革を辿ることができるという点においても高く評価されている。肉筆浮世絵は、庶民に広く普及した浮世絵版画とは異なり、絵師の手により制作された一点もののため希少性が高く、富裕層の人々に好まれた。そこには、女性のたおやかな姿態から、髪形や着物の華麗な文様にいたるまでが巧みに描かれており、その芸術性のみならず当時の風俗文化も身近に感じることができる。
本展は、勝川春章、鳥文斎栄之、葛飾北斎、歌川国芳、歌川広重、河鍋暁斎など江戸時代から近代にかけて活躍した絵師が描いた美人画や役者絵など90点により、江戸文化と共に花開いた肉筆浮世絵の魅力を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.10
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=720円(620円)、高大生=510円(410円)、小中生=310円(210円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料
    ※土曜日は高校生以下無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    茨城県天心記念五浦美術
  • 休館日

    月曜日(ただし4月30日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

清らかに、うるわしくー清方の美人画ー

近代を代表する美人画家として知られる鏑木清方だが、日本画壇で活躍し始めた大正期は、「美人画家」という枠にはめられることに抵抗を感じていた。しかし、太平洋戦争が激化する昭和10年代の終わり、戦意昂揚のための作品を描くことを

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る