長野県

荒川修作 超絶次元!

慎重に配置された直線や円弧、矢印、点などの図形。
その上に書き込まれた、ステンシル文字や筆記体によるテキスト。
荒川修作の作品に見られる「言語」は「形象」を説明するものではなく、また後者は前者の図解でもない。
「文字」と「記号」が複雑に共存する「図式絵画」を前にした時、我々はその仕掛けにしばしば困惑すると同時に、謎めいた意味を理解したいと願う。
そして、こうした鑑賞者の思索や参与ゆえに成立する作品こそ、作家が目指したものであった。
「=(イコール)」では結びつかない、「意味するもの」と「意味されるもの」。
パラドックスの果てに現れてくるものは、絵画の持つ二次元性や、私たちが生きる三次元空間を超越した、知覚やイメージが重層的に絡み合った多次元の芸術世界なのだ。
平面作品やオブジェを出発点とした創作は、晩年に近づくにつれて、身体の知覚によって構築される「空間」を探求する建築プロジェクトへと発展していった。
「死はオールドファッションである。」
公私共にパートナーのマドリン・ギンズとの共著『意味のメカニズム』の序文に記された、印象的な一文だ。
「天命反転」という命題の解を導くため、数々の思考実験に生涯を捧げたひとりの芸術家。
このたび、「海を渡った画家たち‐時の共演‐」の特集展示として、渡米直後の貴重な初期作品を含む約15点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.262018.11.25
  • 会場

    軽井沢現代美術館(1F常設展示室)
    http://moca-karuizawa.jp/
    北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2
  • 観覧料金

    大人=1,000円、65歳以上&大高生=800円、中小生=500円
    未就学児無料
    ※入館料にはお茶のサービス込

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    軽井沢現代美術館
  • 休館日

    火曜日・水曜日(GW及び、夏期は無休開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

海を渡った画家たち 時の共演

めまぐるしく流転する斬新な表現や、高値で作品が取引されるマーケットが賑わいを見せる世界のアート・シーン。 ここ日本でもすっかり「現代美術」という言葉が耳に馴染み、ハイ・カルチャーとサブ・カルチャーが入り混じるハイブリッド

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る