宮城県

日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本ー柳宗悦のまなざしー

大正時代末期、思想家・柳宗悦[1889年-1961年]らは手仕事により作られた日常の生活用具のなかに美を見いだした。
柳はそれらを「民藝」と名付け、仲間とともに全国を旅して優れた民芸品の収集を進め、昭和11年(1936年)、東京・駒場に「日本民藝館」を創設した。
宮城県民芸協会の設立50周年を記念した本展では、柳が民芸の美に目覚めるきっかけとなった作品のほか、柳が著書『手仕事の日本』に取り上げた各地の作品、東北地方の民芸品や、芹沢銈介作「日本民藝地図」など、日本民藝館の優品118件を紹介する。
近年、手仕事の良さが見直されつつなるなか、本展は日本の手仕事文化を堪能する絶好の機会となる。

開催概要

  • 会期

    2018.04.202018.06.03
  • 会場

  • 観覧料金

    常設展料金でご覧いただけます。
    一般・大学生=460円(360円)、高校生=230円(180円)、小・中学生=110円(90円)
    ※30名以上の団体料金はカッコ内の料金です。
    ※このほか各種割引があります。詳しくはお問い合わせください。

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    「手仕事の日本」展実行委員会(宮城県民芸協会、仙台市博物館)
  • 休館日

    月曜日(祝日・振替休日は開館)
    祝日・振替休日の翌日(土・日・祝日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜16:45 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る