京都府

明治150年展 明治の日本画と工芸

武蔵屋大関 《金蒔絵芝山花鳥図飾器》 明治時代 芝山細工、銀、朧銀、金、赤銅象嵌 京都国立近代美術館

1868年に明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での日本美術への関心が高まりました。政府は『温知図録』を制作するなど、国家戦略として工芸図案指導に力を注ぎました。京都では、地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの日本画家が工芸図案制作に携わることで、時代に即した図案の研究が進められました。
本展では、明治の工芸図案とともに、美術工芸作品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品を一堂に展示することで、近代化していく社会の中で生み出された明治の美術品を紹介します。

開催概要

  • 会期

    2018.03.202018.05.20
  • 会場

    京都国立近代美術館
    http://www.momak.go.jp/
    京都市左京区岡崎円勝寺町
  • 観覧料金

    当日 前売 団体
    一般 1,000円 800円
    大学生 500円 400円

    *心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
    *団体は20名以上。
    *会期中、金曜日と土曜日は20:00まで開館。17:00以降は夜間割引を実施します。(一般1000円→800円、大学生500円→400円※他の割引との併用はできません)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立近代美術館、京都新聞
  • 休館日

    毎週月曜日(ただし4月30日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 *金曜日と土曜日は20:00まで開館 *入館はそれぞれ閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る