東京都

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

国宝 火焰型土器  新潟県十日町市 笹山遺跡出土、縄文時代(中期)・前3000~前2000年 十日町市蔵(十日町市博物館保管)、写真:小川忠博

公式サイト

縄文時代が始まったとされる約1万3000年前。狩猟や漁撈、採集を行っていた縄文時代の人びとが、日々の暮らしのなかで工夫を重ねて作り出したさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力にあふれています。
本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。また、本展では、数多ある縄文時代の出土品のなかでも、たった6件しかない国宝が初めて勢ぞろいします(そのうち2件は7月31日~展示)。
縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。

開催概要

  • 会期

    2018.07.032018.09.02
  • 会場

    東京国立博物館(平成館)
    http://www.tnm.jp/
    台東区上野公園13-9
  • 観覧料金

    当日 前売 団体
    一般 1,600円 1,400円 1,300円
    大学生 1,200円 1,000円 900円
    高校生 900円 700円 600円

    *中学生以下無料
    *団体は20名以上
    *障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
    *前売券は4月3日から7月2日まで、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドにて販売。

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(ただし、7月16日、8月13日は開館)、7月17日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 *金曜・土曜日は21:00まで、日曜日および7月16日は18:00まで *入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る