長野県

草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて

草間 彌生 ©YAYOI KUSAMA

公式サイト

幻覚体験の恐怖から逃れるために無我夢中で描き続けた草間彌生は、世界の芸術家としての地位を掴み取り、世界各地で行われる草間彌生の展覧会は、入場者数の記録を塗り替えています。日本でも2017年に国立新美術館で開催された「草間彌生 わが永遠の魂」は52万人を動員しました。現存作家では異例のことでしょう。
――なぜ、草間彌生は世界のひとびとに、かくも熱狂的に迎え入れられるようになったのでしょうか。前衛の道を走り続けた草間に、ようやく世界が追いつきかけているのかもしれません。戦争で失われた青春、平和。そして、愛。草間が芸術を通じて語るのは、人間にとってもっとも普遍的、かつ大切なメッセージでもあります。

これまで、松本市美術館では、開館記念展(2003年)、「草間彌生 魂のおきどころ」(2005年/巡回)、「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(2012年/巡回)と企画展を開催したほか、開館以降、常設展示室で「草間彌生 魂のおきどころ」を通年展示しています。草間彌生生誕の地・松本で開催する本展では、これまで国内で公開されていない初出品作や最新の作品を含む約180点を紹介します。1930年代の子どもの頃の作品から現代までの作品を展示し、彼女の半生を辿ることができます。街の空気感、作品の歴史、まさに彼女の集大成ともいえる展覧会を松本でお楽しみください。

開催概要

  • 会期

    2018.03.032018.07.22
  • 会場

  • 観覧料金

    当日 前売 団体
    一般 1,200円 1,000円 1,000円
    大学・高校生 800円 600円 600円

    *中学生以下、障害者手帳携帯者とその介助者1名無料
    *団体券(20名以上)は松本市美術館のみ取り扱い
    *本展覧会のチケットには日付指定がありません。ご希望の日程にご来場いただき、ご覧いただくことができます。

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    草間彌生展実行委員会(松本市、松本市教育委員会、朝日新聞社、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、abn長野朝日放送)、松本市美術館
  • 休館日

    月曜日 (ただし、4月30日、5月7日、7月16日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 *土曜日は19:00まで開館。3月3日は21:00まで開館延長 *入場はいずれも閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

歌川広重 東海道五拾三次展

歌川広重による浮世絵木版画の連作「東海道五十三次」全55作品+変わり図1作品を展示。その他、月替わり特別展「今月の一枚」では2月は歌川広重「名所江戸百景 深川洲崎十万坪」、3月は 喜多川歌麿 「青樓遊君合鏡 玉屋内小紫・

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る