東京都

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

《猫と女性》 1912年頃 油彩、カンヴァス オルセー美術館 ©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

ナビ派を代表する画家ピエール・ボナールの多彩な画業を展望する大規模な回顧展
ピエール・ボナール(1867-1947年)は、19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍した画家です。ナビ派の一員となったボナールは、浮世絵の影響のもと、躍動的かつ装飾性に富んだ作品を多く生み出しました。
本展は、パリのオルセー美術館の特別協力を得て、その豊富なコレクションを中心に構成される大規模な回顧展です。絵画はもちろん、素描や版画、写真といったさまざまなジャンルの作品を通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。

開催概要

直前の記事

生誕150年 横山大観展 (京都展)

横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る