東京都

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

国宝 火焰型土器  新潟県十日町市 笹山遺跡出土、縄文時代(中期)・前3000~前2000年 十日町市蔵(十日町市博物館保管)、写真:小川忠博

約1万3千年前に始まったといわれる縄文時代。縄文時代が始まる頃には氷期も終わり、その後の温暖化によって入り江や干潟が生まれることで、いま私たちが暮らす日本列島の景観が整いました。この自然環境を活かして狩猟や漁撈、そして採集を行っていたのが縄文時代の人びとです。当時の人びとがこうした日々の暮らしのなかで工夫を重ね作り出した土器や石器、土偶や装身具などさまざま道具は、力強くも神秘的な魅力をもっています。「縄文の美」をテーマに、南北に長い日本列島で育まれた縄文時代1万年間にわたる壮大な美のうねりを体感していただこうとするもので、時期や地域を超えて優品を集め、その形に込められた当時の人びとの技や思いに迫ります。

開催概要

直前の記事

生誕150年 横山大観展 (京都展)

横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る