大阪府

ジブリの立体建造物展(大阪展)

千と千尋の神隠し©2001 Studio Ghibli・NDDTM

ジブリ作品に登場する、どこかに存在していそうな架空の建造物。本展では、その印象的な建物に注目し、建築家 藤森照信氏の監修により紹介します。「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料約450点と、代表作の立体模型も展示。物語の舞台である、空想的で現実的な空間へのこだわりに迫ります。

開催概要

直前の記事

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

没後40年を記念した画家、熊谷守一(1880‐1977)の久しぶりの大回顧展です。 熊谷守一は、明るい色彩と単純化されたかたちを持つ作風で知られます。晩年は花や虫や鳥など身近なものを描くたくさんの作品を生み出しました。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る