兵庫県

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光(兵庫展)

ディエゴ・ベラスケス 《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。

17世紀のスペインは、ベラスケスをはじめリベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家を輩出しました。彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し収集したことが挙げられます。国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレクションのティツィアーノやルーベンスの傑作群から触発を受けて大成した宮廷画家ベラスケスは、スペインにおいて絵画芸術が到達し得た究極の栄光を具現した存在でした。本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、17 世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりとご覧いただきます。

開催概要

  • 会期

    2018.06.132018.10.14
  • 会場

    兵庫県立美術館
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/
    神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
  • 観覧料金

    当日 前売・団体
    一般 1,600円 1,400円
    大学生 1,200円 1,000円

    70歳以上/800円(当日)、700円(団体)

    *高校生以下無料。 *団体は20名以上。
    *6月中の平日は大学生の観覧が無料になります。
    *前売は一般、大学生のみ。前売券の販売開始は2018年春を予定しています。
    *障がいのある方は各当日料金の半額(70歳以上除く)、その介護の方1名は無料。
    *一般以外の当日券の購入および障がい者割引の適用には要証明。

    詳細は公式HPへ

  • 主催

    兵庫県立美術館、プラド美術館、読売新聞社、読売テレビ
  • 休館日

    月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日休館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 *金曜日、土曜日は20:00まで *入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか(東京展)

本展は、肖像芸術の様々な特質を、ルーヴル美術館の全8部門の代表的作例を通じて浮き彫りにするものです。3000年以上も前のエジプトの棺用マスクから、ルイ14世やナポレオンなどの君主像、華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、肖像芸術の魅力をお楽しみください。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る