東京都

ミケランジェロと理想の身体

「神のごとき」と称えられたイタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ( 1 4 7 5 ~ 1 5 6 4 )。
彫刻、絵画、建築のすべての分野で傑出した作品を残した天才は、生涯「彫刻家」という肩書にこだわった。
サン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェに屹立する《ダヴィデ》など、卓越した技術と美意識が結集した大型彫刻作品は、各地で至宝とされている。しかしそのため、これらを中心に据えたミケランジェロの展覧会は、これまで日本では実現が困難だった。
本展は、《ダヴィデ= アポロ》という壮年期のミケランジェロが生み出した傑作を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品を比較しながら、古代およびミケランジェロや同時代の芸術家が創造した理想の身体美の表現に迫る。

開催概要

直前の記事

ゴードン・マッタ=クラーク展

アメリカのアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)のアジア初となる大回顧展。大学で建築を学んだマッタ=クラークは、美術へと活動の舞台を移すと、1970年代にニューヨークを中心に活躍した。35歳で病死する

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る