東京都

ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか(東京展)

アントワーヌ=ジャン・グロ《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》1796年  Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom

本展は、肖像芸術の様々な特質を、ルーヴル美術館の全8部門の代表的作例を通じて浮き彫りにするものです。3000年以上も前のエジプトの棺用マスクから、ルイ14世やナポレオンなどの君主像、華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、肖像芸術の魅力をお楽しみください。

開催概要

直前の記事

ミケランジェロと理想の身体

「神のごとき」と称えられたイタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ( 1 4 7 5 ~ 1 5 6 4 )。 彫刻、絵画、建築のすべての分野で傑出した作品を残した天才は、生涯「彫刻家」という肩書にこだ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る