神奈川県

ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより

ヌード――人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなりました。

本展は、世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史を紐ときます。フレデリック・ロード・レイトンが神話を題材として描いた理想化された裸体から、ボナールらの室内の親密なヌード、男女の愛を永遠にとどめたロダンの大理石彫刻《接吻》[日本初公開]やシュルレアリスムの裸体表現、人間の真実に肉迫するフランシス・ベーコン、さらにはバークレー・L・ヘンドリックスやシンディ・シャーマンなど、現代における身体の解釈をとおして、ヌードをめぐる表現がいかに時代とともに変化し、また芸術表現としてどのような意味をもちうるのか、絵画、彫刻、版画、写真など約130点でたどります。

開催概要

  • 会期

    2018.03.242018.06.24
  • 会場

    横浜美術館
    http://yokohama.art.museum/
    横浜市西区みなとみらい3丁目4− 1
  • 観覧料金

    当日 前売 団体
    一般 1,600円 1,400円 1,500円
    大学生・専門学校生 1,200円 1,000円 1,100円
    中学・高校生 600円 400円 500円
    • *65歳以上は1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ販売)
    • 詳細は公式HPへ
  • 主催

    横浜美術館、読売新聞社、テート
  • 休館日

    木曜日、5月7日(月)*ただし5月3日(木・祝)は開館

  • 開館時間

    10:00〜18:00 (入館は17:30まで) *ただし、5月11日(金)、6月8日(金)は20:30まで(入館は20:00まで)
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所です。1826年に創設され、ハプスブルク家の 保護を受けて発展し、各国の王侯貴族に愛好されました。ハンガリーを代表する高級磁器窯として、今日に至るまで高い評価を得ています。「オーストリア 帝室・ハンガリー王室御用達」であったヘレンドは、19世紀後半、当時盛んに開催された万国博覧会へ積極的に出品します。万博での好評は、大英帝国の ヴィクトリア女王からのディナーセットの発注や、フランスのナポレオン三世妃ウージェニーの買い上げなどにつながり、名声を高めていきます。 本展では開窯初期の希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、 そして現代の製品までおよそ150件、約230点※が一堂に集まります。ヘレンド190年余の歴史と、優雅で華やかな磁器の魅力をご堪能ください。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る