開催概要 Outline

静かなる衝撃、再び- ハマスホイの静謐な世界

北欧の柔らかな光が射し込む静まり返った室内―開け放たれた扉、控えめで上品な家具調度、後ろ向きの女性―。

描かれているのは、画家の自宅の居間や寝室ですが、生活の痕跡は慎重に消し去られており、音と光が閉じ込められた静謐な世界では、時の流れも止まっているかのようです。17世紀オランダ風俗画の影響が認められることから “北欧のフェルメール” とも呼ばれるデンマークの画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)の作品は、西洋美術の古典を想起させる空気を纏いつつ、近代の都市生活者特有の、ある種の郷愁を感じさせます。

ハマスホイが活動したのは、西洋美術が華々しく展開した1900年前後の十数年間でした。印象派に続いてポスト印象派が登場し、象徴主義、キュビスム、表現主義など新しい芸術が次々に生まれました。そうしたメインストリームの “喧噪” から離れて、ハマスホイは独自の絵画を追求し、古いアパートや古い街並み、古い家具など、時間が降り積もった場所やモティーフを静かに描き続けました。きらびやかな世紀末美術の中で、寡黙なハマスホイの作品はひときわ異彩を放っています。没後、一時は時代遅れの画家と見なされ、忘れられたハマスホイ。その美しく調和した色彩と繊細な光の描写、ミニマルな構成は、画家の慎み深さと、洗練されたモダンな感性を示しています。

欧米の主要な美術館が続々と作品をコレクションに加えるなど、近年、ハマスホイの評価は世界的に高まり続けています。日本でも2008年にはじめての展覧会が開催され、それまでほぼ無名の画家だったにもかかわらず、多くの美術ファンを魅了しました。

静かなる衝撃から10年余り。日本ではじめての本格的な紹介となる19世紀デンマークの名画とともに、ハマスホイの珠玉の作品が再び来日します。

東京展

  • 会場

    東京都美術館
    〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

  • 会期

    2020年1月21日(火)〜3月26日(木)
  • 開館時間

    午前9時30分~午後5時30分
    (金曜日、2月19日(水)、3月18日(水)は午後8時まで)
    ※入室は閉室の30分前まで
  • 休館日

    月曜日、2月25日(火)
    ※ただし2月24日(月・休)、3月23日(月)は開室
  • アクセス

    東京都美術館 MAP
    JR上野駅「公園口」より徒歩7分
    東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
    京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
    ※駐車場はございません。
  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、読売新聞社


    TOKYO TOKYO FESTIVAL

  • 後援

    デンマーク大使館

    
デンマーク大使館

  • 協賛

  • 協力

    イープラス、ルフトハンザカーゴ AG、J-WAVE
  • 問い合わせ

山口展

  • 会場

    山口県立美術館
  • 会期

    2020年4月7日(火)〜6月7日(日)