「遺跡でブラトヨハシ」展

豊橋市には縄文時代から江戸時代にかけての遺跡が約1,400か所もあり、愛知県内では最も多く遺跡があるまちとして知られている。大西貝塚、馬越長火塚古墳、吉田城址など、身近で散策できる遺跡もたくさんある。発掘調査成果を交えながら、豊橋の歴史を解き明かす遺跡巡りを紹介する。
会期中に学芸員によるギャラリートークや講演会、遺跡巡りを開催。
同時開催:文化庁事業「記念物100年」パネル展示(2階ラウンジ)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る