NEW

エッセイスト・岸本葉子 × 「コートールド美術館展 魅惑の印象派」【鑑賞の流儀】

岸本葉子(きしもと・ようこ)

エッセイスト。1961年、鎌倉市生まれ。東京大学教養学部卒業。暮らしや旅を題材にエッセイを数多く発表。俳句にも親しんでいる。近著に『NHK俳句 岸本葉子の「俳句の学び方」』NHK出版)、『二人の親を見送って』(中公文庫)。7月に『ひとり老後、賢く楽しむ』(文響社)を刊行予定。公式サイト

コートールド美術館展 魅惑の印象派

2019年9月10日(火)~12月15日(日) 国立西洋美術館(東京・上野公園)

2020年1月3日(金)~3月15日(日) 愛知県美術館

2020年3月28日(土)~6月21日(日)神戸市立博物館

 

印象派・ポスト印象派の先駆的な収集家だった英国の実業家サミュエル・コートールド(1876~1947年)の名画コレクションをもとに、1932年に創設されたコートールド美術館から、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャンなど絵画、彫刻約60点を公開する。改修工事による休館を機に、約20年ぶりにフランス近代絵画の傑作がまとまって貸し出された。

 

フランス人の血をひくコートールドさん。

 

 

直前の記事

新着情報一覧へ戻る